派遣案件・紹介案件を多数掲載中!Man to Manでのお仕事探しは「求人ジョブズ」にお任せ!

住み込みでの工場勤務はきつい?メリットや向いている人の特徴とは

住み込みでの工場勤務はきつい?メリットや向いている人の特徴とは

2024.05.15

その他

工場の住み込みでの勤務は、住居にかかる費用が少なく通勤しやすいため、働きやすいイメージがありますが、人によっては「きつい」と思ってしまう場合もあるようです。

本記事では、住み込みでの工場勤務が「きつい」と言われる理由について解説します。住み込みのメリットや、向いている人の特徴も解説するため、興味のある方はぜひご一読ください。


住み込みでの工場勤務がきついと言われる理由


住み込みでの工場勤務がきついと言われる理由には、以下の3つが挙げられます。それぞれ確認していきましょう。


住み込み先のイメージが違った


住み込みでの工場勤務がきついと思う人に多いのが「実際の寮がイメージと違った」などの理由で、住みにくさや大変さを感じているケースです。

工場の寮は、会社が独自に所有している「自社寮」と、会社名義で借りている「借り上げ寮」のどちらかである場合が多く、それぞれで部屋の広さや設備が異なります。寮によっては個室がもらえないこともあり、一般的なアパートやマンションを想像した場合は、イメージと違うと感じやすいでしょう。

また、会社で用意される寮は、一般的なアパートやマンションと違い、基本的に内見や部屋の選択ができません。情報や写真だけでは部屋の詳細までわからないため、実際に住んでから「思ったよりも古かった」「狭かった」と感じるケースがあることも、住み込みでの工場勤務がきついと言われる理由でしょう。


寮の規則やルールが厳しい


寮の規則やルールを守って生活しなければならないことも、住み込みでの工場勤務がきついと言われる理由の一つとして挙げられます。

工場に限らず、企業が管理する寮では「異性や友人を泊めてはいけない」「外泊は事前に届け出る」といった、独自の規則が設けられています。特に自社寮の場合は、門限や入浴時間、消灯時間についても細かいルールが定められていることがほとんどです。一人暮らしと比べると自由度が低く、人によっては「きつい」と感じるでしょう。


同僚との時間が増える


住み込みの寮では同じ職場の人と顔を合わせる機会が増えるため、仕事とプライベートの区別が付きづらく、「きつい」と感じる可能性があります。相部屋の場合は、仕事以外でも同僚と一緒に過ごさなければなりません。個室であっても、生活音が気になってしまい「家に居ても落ち着かない」「自由に過ごせない」と感じる人もいるようです。寮に入居する以上、ある程度プライベートな時間を確保しにくくなることは覚悟しなければならないでしょう。


住み込みでの工場勤務をするメリット


住み込みでの工場勤務をするメリットは、以下の通りです。それぞれ詳しく確認しましょう。


通勤の負担が少ない


住み込みでの工場勤務をするメリットは、通勤の負担が少ないことにあります。

自社寮などの工場が独自に所有している寮は、工場の敷地内や近隣に作られているケースがほとんどです。徒歩や自転車で通えることも多いため、電車やバスで通勤する場合と比べて、通勤時間を短縮できるでしょう。

また、寮と工場の距離が離れていても送迎のある寮であれば、人混みの中、電車やバスを乗り換える煩わしさがありません。終業後はすぐに帰宅できるため、休息や趣味の時間が確保しやすく、充実した私生活を送れるでしょう。


入居しやすい


一般的なアパートやマンションと比べて入居がしやすい点も、住み込みでの工場勤務ならではのメリットです。

通常、一人暮らしをする際は、不動産会社に出向いたり、内見をしたりと多くの手間と時間がかかります。しかし、住み込みなら会社側が住居を用意してくれるため、自分で物件を探す必要がありません。審査が不要で、手続きも少なくて済むことから、時間がない場合もスムーズに入居先を決められるでしょう。


貯金しやすい


住み込みでの工場勤務をすると、貯金がしやすくなるメリットもあります。

工場が用意する寮の家賃は、一般的な賃貸住宅よりも安く設定されており、敷金や礼金もほとんどかからないことが特徴です。会社によっては、家賃や光熱費を全額、または一部を負担してくれる場合もあるため、生活費を大幅に抑えられるでしょう。また、食堂付きの寮や、工場の敷地内にある寮なら、食費や交通費も節約できます。


引越がしやすい


住み込みの寮には、家具・家電が備え付けられていることが多く、引越し後すぐに生活できる環境が整っています。新しく買い足したり、大量の荷物を搬入したりする必要がないため、金銭的・体力的にも、引越しが楽にできるでしょう。また、寮を出る際も荷物が少なくて済みます。

ただし、必ずしも家具・家電が付いているとは限らないため、募集要項をよく確認するようにしてください。


高収入が狙える


住み込みの求人をしている工場は、大企業もしくは、取引先が大手メーカーである場合が多く、高収入が狙えます。また、夜勤を任せてもらいやすくなることから、手当も増え、日勤だけで働くよりも高い収入が見込めるでしょう。


同僚との交流を深めやすい


住み込みでの工場勤務をすると、必然的に同僚と話す機会が増えるため、交流を深めやすくなります。プライベートの一面も知ることで、互いをよく理解でき、仕事上でも良好な関係を築けるようになるでしょう。

また、他部署の人ともコミュニケーションがとれるという点では、仕事への理解が深まり、パフォーマンスを向上できるメリットもあります。常に同じ職場の人が近くにいるため、治安面の心配も少なく、何か問題が起きたときにも安心です。


住み込みでの工場勤務が向いている人の特徴


住み込みでの工場勤務は、確かにきつい面や辛い面もあるものの、効率的かつ安定的に収入を得たい人にとっては、メリットの大きい仕事です。たとえば、以下のような特徴に当てはまる人は、住み込みでの工場勤務に向いていると言えるでしょう。


人と接するのが好きな人


住み込みでの工場勤務では、仕事外でも同僚と交流する機会が多いため、人付き合いが好きな人や、コミュニケーション能力に自信がある人に向いています。休日や終業後に同僚と出かけたり、食事をしたりすることが苦でなければ、楽しい寮生活が送れるでしょう。

同僚と円滑なコミュニケーションができることは、工場に限らず、どの職場においても重要です。フレンドリーで、相手の誘いにも積極的に乗れる人なら、住み込みでの仕事もうまくやっていけるでしょう。


一人暮らしをしたい人


住み込みの寮には敷金や礼金がほとんどなく、家具・家電付きのところも多いため、一人暮らしをしたい人にとっては好都合の物件です。「貯金がなく、費用を捻出できない」「社会人になったばかりでお金に余裕がない」など、経済的な理由で引越しを諦めている場合でも、すぐに一人暮らしが始められます。また、仕事も同時に決まるため、経歴に不安がある人や、初めて働く人にも有利です。


工場の仕事が好きな人


住み込みでの工場勤務は、工場の仕事が好きな人にもおすすめです。

住み込みでの工場勤務では、朝晩で寮と工場を往復し、同じ作業を繰り返す日々が続くことから、単調作業が苦手な人や飽き性の人にとっては、「つらい」と感じるかもしれません。しかし、ルーティンワークやものづくりが好きな人なら、やりがいを持って働けるはずです。業務に集中しやすい環境が整っている分、専門的知識や技術が早く身に付くため、自身のスキルアップも目指せるでしょう。


貯金をしたい人


貯金をしたい人にとって、住み込みでの工場勤務ほど絶好の環境はないでしょう。住み込み勤務なら、家賃や光熱費、交通費などを抑えられるため、浮いたお金をそのまま貯金に回すことができます。会社によっては、初年度の家賃が減額されたり、入社祝い金が支給されたりするケースもあり、しっかりとやりくりすれば、年間で数10万~100万円の貯金も可能です。


住み込みでの工場勤務が向いていない人の特徴


以下の特徴に当てはまる人は、住み込みでの工場勤務に向かない可能性があります。


住む場所を自由に選びたい


住み込みでの工場勤務は、住居が寮に限定されるため、住む場所を自由に選びたい人には不向きです。工場の寮は、大半が都市部から離れた場所に建てられていることから、休日に出かけたり、買い物をしたりする場合に不便となる可能性があります。寮の周辺は、森や同業の工場で囲まれているため、都市部や繁華街近くの立地を好む人には物足りないでしょう。


1人で過ごしたい人


「仕事とプライベートを分けたい」「仕事以外は1人で過ごしたい」と考える人も、住み込みでの工場勤務に向いていません。寮では同僚と顔を合わせる機会が多く、食事会や催しものに参加しなければならない場面もあります。できるだけ1人でいたい人にとっては、ストレスになる可能性があるでしょう。


自由度が高いプライベートを確保したい


「自由に暮らしたい」「プライベートの時間を干渉されたくない」人は、住み込みでの工場勤務は避けたほうが無難です。寮には独自の規則やルールが存在するため、自由が利きにくいというデメリットがあります。また、寮には共用部分が多く、完全なプライベートの空間を確保することは難しいでしょう。常に他の入居者に配慮しなければならず、生活の自由度を優先する人にはストレスになってしまいます。


まとめ


住み込みでの工場勤務は、確かに「きつい」と感じる面はあるものの、貯金をしたい方や、低予算で一人暮らしを始めたい方にとっては魅力的な求人です。住み込みの求人は、種類が豊富で、自分に合った業種も見つけやすいため、気になる方はぜひ探してみましょう。

Man to Manでは、住み込み勤務はもちろん、日勤や夜勤の求人情報も豊富に掲載しています。食品メーカーや自動車メーカーなど、多種多様な工場の求人を取り揃えておりますので、工場での勤務をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。